クレジットカードに代表されるリボ払いは危険!

クレジットカードに代表されるリボ払いは危険!

クレジットカードやショッピングなどでのローン方式に「リボ払い」というのがあります。

リボ払いとは、正式には「リボルビング払い」と呼ばれており、毎月、一定額の金額を支払っていくものです。

支払う金額は自分で設定できるので、例えば10万円の商品を購入したとして、月々の支払い額を1万円に設定すれば、毎月1万円を支払っていけば10万円の商品を購入することができます。

これは今はお金がないけれど、どうしても高額なものが欲しいといった時に重宝される支払いシステムとして、爆発的な人気を誇っています。

しかし、翌々考えてみると、リボ払いはとっても「損にできている」システムだということがわかると思います。

まず先程の例で言うと10万円の商品を買うのに毎月1万円支払っていけばいい、と書きましたが、当然、毎月の支払には1万円の他に「利息」を払っていかないといけません。

その利息「金利」がこのリボ払いの最大の罠といってもいいかもしれません!

利息を支払うのはローンだから当然、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、このローンがクセモノなんです。

通常、多くのクレジットカードのリボ払いでの金利は一般的に知られているような消費者金融よりも低く設定されています

じゃあやっぱりリボ払いのほうが得なんじゃないの?と思うかもしれませんが、それは違います。

リボ払いというのはそのシステム上、支払期間が長く設定されるようになっています。

そうなると、金利というのは「毎月」かかるもの。だから最初は一見、リボ払いのほうが負担が少ないと思うかもしれませんが、実はトータルでは消費者金融やカードローンで借りたほうがお得(汗)ということになるケースが殆どです。

特に支払期間が長引けば長引くほど、リボ払いの方が損します。

詳しい計算式を書いてもあまり意味ないので省きますが、ちょっと計算すればすぐに分かることです。

先程の例を使ってわかりやすく言うと、10万円の商品を1万円のリボ払いで1年間支うのと、消費者金融で同じ10万円を借りて、翌月に返済するのでは、消費者金融で借りたほうが金利は安く済みます。

また翌月に返済はちょっと難しいが、3ヶ月先のボーナスでなら返済できる!という場合でも消費者金融で借りたほうがお得です。

ちなみに半年先でも同じ結果になります。それくらいリボ払いというのは損にできているシステムなんです。

特に最近では消費者金融だけでなく銀行カードローンもかなり低い金利で借り入れできるようになっていますので、ますますその差は広がることでしょう。

一時期、某有名クレジットカードが動物を使って「リボ払い」のアピールをしたCMをしていましたが、とんでもないことです。

皆さんは決した騙されずに、どうしても急にお金が必要になったら消費者金融や銀行カードローンで借り入れを検討して下さい。

カテゴリー:消費者金融コラム