ろうきん(労金)でおまとめローンを検討中の方へ

ろうきん(労金)でおまとめローンを検討中の方へ

「ろうきん」と呼ばれている労働金庫からおまとめローンを利用したいとお考えの方は結構いらっしゃるようです。

他の金融機関とは違い、ろうきんは地域性が高く、各地域ごとに金利や名称が違っているのも大きな特徴です。

また、ろうきんは基本的に会社の労働組合や生活協同組合などの組員さんが加入することができる非営利の金融機関というのもよく覚えておきましょう。

以上を踏まえた上でろうきんでおまとめローンを利用するケースを考えてみます。

まず大前提といて、ろうきんには「おまとめローン」という名前の金融商品は基本的にはないと思ってください。

ということは労金をつかって借金を一本化する方法としては、いかにろうきんから普通のフリーローンとして借り入れを申し込んで融資をしてもらえるか、にかかってくると思います。

要は「おまとめ」というより、フリーローンでお金を借りて「借り換え」として借金をまとめるという方法になると思います。

ただ労金は、銀行カードローンと同じように「総量規制の対象外」ですので、年収の3分の1以上の借り入れも可能です。

この辺はおまとめとしても利用できる価値が高いといえるでしょう。

ただ、そもそもろうきんを利用できる人というのは限られていますし、既に他社から借り入れがあって、どれだけの金額をろうきんが貸してくれるかによるので、その辺はアナタの審査基準によると思います。

そうなると、ろうきんで借金を借り換えするという方法は、あまり良い方法とは言えません。

個人的には、ろうきんでお金を借りると決断するには、どうしても年収の3分の1以上の借り入れが必要であり、なおかつ毎月コツコツ返済して、審査も通せると自信がある場合のみだなと思っています。

もちろんろうきんが利用できるというのが大前提なのはいうまでもありません。

このように、結構ハードルが高いろうきんを利用するくらいなら、審査スピードも早く、即日振込もしてもらえるキャッシングサービスを利用した方が明らかにメリットが大きいのではないかと思います。