サラ金で借り換えを検討中の方へ

消費者金融や銀行カードローンなどいくつかの業者でお金を借りてしまったら、やっぱりサラ金で借り換えしたい!とお考えの方が殆どだと思います。

やはりちゃんとした融資に比べると手続きは簡単ですし、何より担保や保証人は原則不要という点も、サラ金の魅力ではないでしょうか。ちなみに、基本的に「サラ金」というのは消費者金融のことを指しているようです。

でも多重債務者になるといくらサラ金でも中々すぐにハイ!とは貸してくれません。

もちろん、掛け持ちしている業者の数や金額にもよるので一概には言えませんが、借り換えローンを検討するなら、作戦を練って審査に挑みたいところです

例えば、ただやみくもに自分が知っているサラ金業者に手当たり次第、審査を申し込むのではなく、借入額や完済できる期間などを考慮しながら審査を申し込みましょう。

まず一番大事な借入額ですが、これは「総量規制」の問題にも影響してきます。

「総量規制」の説明はもう何度もしていますので、簡単に解説すると、自分の年収の3分の1以上の金額を借りることは基本的にできないという法律です。

もちろんこの法律は、現在借入している金額を含めてのことです。

例えば、今モビットら30万借りていたとします。そしてあなたの年収が300万円だったとしましょう。すると、例えば次にプロミスから借りようと思っても70万以上は借りれないということになります。

年収300万円の3分の1なので100万円までがアナタが借りれる最大の金額になります。

そうなると、例えば1社30万円ならまだしも、2社目20万、3社目40万と借りていた場合なら、次の業者から借りれるのはたったの10万円になってしまいます。

そうなるともう借金地獄の道まっしぐらなので、ある程度多重債務がある方は「総量規制の対象外」である銀行カードローンを利用するようにしてください。

銀行カードローンの場合は「銀行法」という法律に守られているので、サラ金と呼ばれる消費者金融とは違い総量規制の対象にはならないのです!

まあこれは別に借り換えでもおまとめローンでも使える事なので、よく覚えておいてください。

次に、仮に借り換えた場合、完済できる期間はどれくらいなのか、あらかじめある程度目星をつけておくことが大切です。

なぜなら、もし今借り換えて、1か月後に臨時収入やボーナスなどある程度まとまったお金が入り、すべて完済できるのであれば、プロミスやレイクなどで取り扱っている「無利息ローン」を利用するのが圧倒的にオトクだからです。

無利息ということは読んで字のごとく、利息を払う必要がないということなので、実質「タダ」でお金が借りれるというわけです。

これを利用しない手はありません!

だから、もしサラ金で借り換えを検討しているなら、プロミスなど無利息融資が受けれる業者で借りて、一気に完済するという方法が一番オトクということになります。